ペーパーコードチェアーに初挑戦・・・はたして上手く行くのやら。

紙紐(ペーパーコード)のかけ方等はYouTubeやそれ専用のサイトやブログで多く見られます。それらを参考にしてやってみたくおもっています。

YouTube等見ているとプロの仕上がりと素人では全然違ってみえます。流石にプロフェッショナルな仕上がりで綺麗にまとまっています。

一本一本の紙紐の折れ目の集合ラインがすーっと一本筋が通っているプロ仕様。

素人のはラインがギザギザしていて見栄えがいまいち良くありません。

紙紐の折れ曲がり点の集合ラインをすーっとすっきり作るには熟練が要るのでしょうね。

付け焼き刃の俄職人の私めと致しましては、未だやったことが無いので想像の域を出ませんが、サイトやブログ等にご紹介頂いているペーパーコードチェアーを拝見しますと編み方ひとつで椅子全体のイメージがころっと違って見えてくるから不思議です。

また、ペーパーコードとは名うっているのに紙紐でなくビニール紐や麻紐だったりして面白いですね。

準備するもの
紙紐の番手(?)というか紙紐の断面のサイズにによって椅子の仕上がりが違ってきたりすると思いますがどれを選べば良いのか見当もつきませんので、取り合えずのものを楽天に注文しました。

専用の釘・・・・プロ仕様を見ていると椅子裏に紙紐の折り返し点に専用釘を打ちこんでいるが、何処で手に入れることが出来るのだろうか。YouTubeで見る限り釘の特長は頭が四角でL字に曲がっている釘です。

ネットで検索しました。名前はデニッシュネイルと分かりましたが、どちらで購入できるのでしょう。

今回は間に合わせにてっとり早く作業を進めたいのでエアータッカーのピンどめにしようと思っています。

釘を使わない方法も在るみたいですが、裏側へ通す紐の分だけ紐の長さが余計に長くなりそうなことと、後々たわみが生じ無いだろうかと心配です。

張り方の種類・・・どんなものがあるのでしょうか。

Googleで「ペーパーコード椅子の貼り方」で検索してみました。
・封筒張り(エンベロープ張り)
Yチェアーや寿司屋、蕎麦屋の腰掛け椅子に張られている風な張り方です。伝統的でスタンタードな張り方。

・平面張り(プラン張り)
以前はカノコと呼ばれていました平織り模様の編み方です。デンマークではプラン張り(Plan Weaving)
座面が長方形のときと台形のときでは張り方が違います。
・ヘリンボーン

他にも調べればいろんな方法があるようですが・・・。

平面張り(プラン張り)が見た目オーソドックスで好きです。今回はこれで挑戦してみたいと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする