S50号油絵用額縁無事発送しました。

先日の記事「ドジ踏んじゃった」の続きですが・・・額縁枠の45゜木口にはめこんだClamex Sはボンドのおかげでキッチリおさまりました。
Gクリヤー速乾は乾いて固まってしまっていたためぐらつく事もなく大丈夫でした。

Gクリヤーの説明サイトには乾燥してもカチカチに硬化しないと書いて有りましたので、心配していましたが、丸1週間放置状態でしたのが功を奏してコチコチに固まってて良かったみたいです。

組んだまま木地研磨して、組んだままワイピング塗装~サンディング塗装まで。

組んだままズレの目違い払いをしたり・・・で、分解出来る事の方が不思議なくらい45度木口がぴったり付いてましたので作業性が良かったです。


その後、分解して仕上げのクリヤー(5分消し)で仕上げました。

無事本日ちゅうに発送することが出来ました。

案ずるより行うが易し。・・・でした。

今回は桐材の木口にClamexSを組み込むときに接着剤Gクリヤーをたっぷり着けたのですが、
ネットであちこち観ていたら、こんなときは超長めのホソビスで固定す方法も効果ありとのことです。

でもでも、ビス+Gクリヤで固める方が確実のような気がします。

今回は先日の「ドジ踏んじゃった」記事の続きでしたが・・・結果的にドジは踏んでなかったみたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする