DIY 木工 F100号額縁の発送

今回注文の額縁ですが、組み立て式にと言う注文主からの依頼でしたので、額縁の45度カットの木口面にアリ溝を切って合わせ桟を入れてカシムように作った訳ですが、大変苦労しました。と言うより大変勉強になりました。

苦肉の策で考えたアリ溝掘り用のトリマー治具だった訳なんですが、額縁としては10キロ前後という重量級になってしまったわけなんですが、はたして強度的に実際どうだったか・・・と心もとない。

念のためにと後日補強用のジョイントL金具を郵送したのですが・・・。

本当はラメロジョイントタッカーがあったならば、もっとスッキリ収まったでしょうに・・・。

今回は間に合わなかったわけですが・・・ネットで調べてみました。良さげなものが見つかりました。

Clamexというビスケット形のノックダウン金具(金具といっても合成樹脂です)これなら綺麗にすっきり接合出来て、接着剤を使わないので何度でも(?)着脱可能なんですね。強度もあり仮額縁としては良いです。

接合してしまえばClamexは中に隠れてしまい外からは全然見えません。

無いものネダリではないですが、ラメロジョイントビスケットについてネット検索していたら、Clamexの姉妹品みたいなものとしてFixo(フィクゾ)というジョイント金具があったので、試しに楽天市場に注文しました。

Fixoもボンド不要で簡単により強靭に額縁の木口をかしめることが可能らしい。継ぐことが出来るとのこと。Fixoはグラスファイバー樹脂で抜け止めのさかとげがあり材料に食いつく仕組みになっている。

ジョイントタッカで掘ってFixoをハンマーで叩くとうね状突起がカーブしているので、材料同志がしっかりとクランプされると記してありました。

ジョイントタッカはラメロ専用機でなくても良いみたいですので、手持ちのマキタジヨイントタッカPJ7000でも大丈夫そうです。

あと一週間はやくネットで探し当てていたら・・・自作トリマー治具も作らなかっただろうに・・・。幸か不幸かトリマー治具は他にも利用出来そうだから良かったのかな?

ただし、Fixoを使えば見た目Clamexと違って樹脂部分が丸見えですね。

仮額縁みたいなものにはグラスファイバー樹脂部分が裏側に見えていてもそんなに気にならないものですが、見た目が大事な家具でしたら、やはりClamexだろうし、無理だったらアリ桟で我慢。
自作トリマー治具で作ったアリ桟でもクランプ効果を出せるならば、額縁に限らず家具に応用出来そう。

テーブルのカドにアクセントとして入れて見るのも良さそうですね。

・・・・・

・・・・・

その後、さらにGoogleで検索しまくりましたら・・・Lamello Clanex PはT字専用カッター必須ですが、Clamex Sノックダウン式で着脱可能(200回未満)みたいです。

Lamello Clamex Sだったらラメロ社の専用タッカーを使わずにマキタジョイントタッカーPJ7000でも切削できるかも知れません。やってませんので出来るかどうか解りません。

試しにビスケットだけを買ってもいいが、もし使えなかったら・・・とやや不安です。

でも自分の性格からして、たぶん試したいです。

・・・・・

・・・・・

その後、さらにGoogleで検索しまくりましたら・・・ベルトクランプという便利なものがありました。

額縁のコーナーの接合をきっちりクランプするためにベルトを外周にまわして使えるものです。最初からこれを用意すればよかったものを、荷造り用のPPバンドという発想しか浮かばなかったのでした。

ただし、最大外周が4メートルまでのものしかなく、F100号ともなると6メートル34センチ以上はないとダメで実際そんなものがあるのかいな。

4メートルを2コ買って繋ぐかベルトだけを別で買って改造するしか方法はなさそうです。

でも、このベルトクランプを使わずとも、LamexやFixoがあれば大丈夫な気もします。

ところで・・・

今日発送なのに、なかなか塗料が乾きませんでした。

下塗りのワイピングに顔料系を使えば良かったものを染料系を使ってしまったので、木の道管に染料ワイピングが入り込みなかなか乾きませんでした。

塗料はウレタンがなかったのでラッカー仕上げにしました。

天日干しはあまり良くないですが、間に合いません。のでやむを得ませんでした。

スプレーガンは初おろしのガンです。メイドインチャイナの1260円だったっけ。駄目もとで買ってみました。スプレーガンは通常数万円が当たり前ですが、こちらは激安い。

使った感想ですが、大当たり!でした。メイドインチャイナ製は当たり外れが甚だしいと言われていますが、これは当たりでした。

天日干しはあまり良くないですが、と言いつつ次の行程へ・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする