猫ベンチを作る手順を箇条書きしてみました。

・ネコベンチ(タモ材)を作る手順を細かく箇条書きしてみました。
(YouTube動画撮影のために)
1)原木を丸ノコで裁断。
2)片袖機で裁断。
3)昇降盤でワキ落とす。
4)手押し機で基準面出し。
5)自動カンナで厚み調整。
6)裁断…各部材ごとに

★両脚と背(頭とシッポ)

・裁断した三枚を接ぐ(タイトボンド)
長い座二枚接ぎ…R曲面(荒バンドソー→型に合わせてプーリ付きルータテーブル仕上げ→昇降盤で傾斜接合面を出す→外周の端をR面仕上げ→ジョイントビスケット接ぎ→角度接合(タイトボンド使用)
★幕板
長い幕板二枚…角材のときツナキ貫用の二枚ホソ穴を三ヶ所掘る→外周をR曲面(荒バンドソー→型に合わせてプーリ付きルータ仕上げ→端をR面仕上げ)
★貫材
寸断した三枚を角材のとき付けホゾ→型に嵌めて座板に合わせてルータ加工→端をR面仕上げ
★顔の製作
顔が内外二枚ある。
型に嵌めて、顔の輪郭→目(糸ノコ)→鼻座掘るウォールナット接着→三ツ口→ビー玉目を入れる。
★靴
猫靴をオプションで作る。
★シッポは通常の背もたれ。
★オイル仕上げ
★Point★長細い座板にアクセントとして猫足形の木像巌(ウォールナット)トリマ加工

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする