電動工具は何処だっけ?

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

正月休みを利用して、工具類の整理棚を作っています。

材料の木材は、すべて勤め先の焼却処分品なので材料費は無料です。

なので、純粋に
「作りたいものを作る」のではなく、
「作れるものを作る」ことであり、
「出来るものを素早く作る」ことです。

焼却処分品のお宝とはフラッシュ家具の半加工棚板なので、芯がある所に帆タテを建てないと都合がわるいし、好きにカットも出来ません。

フラッシュ家具とは木枠にベニヤ板を裏表に貼り付けて、見かけ上一枚板風に仕立てたもので、芯が所々入っている以外、中は空洞です。

フラッシュ家具は軽くて良いですが、再加工やデザイン変更には対応できません。
修理するより作り直したほうが速い部材です。

今回の整理棚の接合部分は作業性を第一に考えて全てビズ留めにしました。

接合部分はピンタッカで仮固定して位置がズレないようにして置いて、仮穴を空けてからビズ固定します。

(余談ですが…)
ピンタッカは中古機をネットで購入しました。コンビニ店頭受け取りで、近所のファミリーマートに今日届く予定です。

最近の私は神出鬼没で、所定の場所に所定の時間帯に居る事が少なく、あっち行ったりこっち来たり…と動き回って居ますので、何月何日頃通過するであろうコンビニへネット買いしたものが届くように予め手配して注文してます。

コンビニへは期限日までに取りに行けば良いので行動予定が多少ズレても良いように配達日を逆算してネット注文してます。
(…余談おわり)

工具類から小物類(ビズなど)を細かく分類して、使い勝手の良い所定の置き場所へ…が、理想です。

実際は何を何処へ置いたか忘れてしまったまして、相変わらず工房ないをうろちょろして探しまわっています。

高齢に成って益々、作っている時間よりも、探している時間が長かったりしてます。ストレス倍増。モチベーションダウン。

…と言う訳で、コレを解消するために工具類の整理棚(引出し)を作っています。

後で[Befor]→[After]な画像を証拠品として、ブログに掲載します。

一つ一つの引出しの深さ(高さ)を決めるのが、迷うところです。

一番上の引出しには、ビズなど極細かなものばかりをごちゃごちゃ入れたいので浅くても大丈夫です。

ひとつの引出しに細かく間仕切りをして細かなビズ類が混ざらぬようにしたいです。

一番嫌いな使い勝手が悪いパターンは、深い引出しに工具を重ねて入れること。

実際の作り方については、後々Youutube動画にする予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする