八足台を作ってみました。

八足台ってご存じですか?

神道系宗教の礼拝用の台を八足台と言うそうな。私は知りませんでした。

・・・で、今回作ってみました。知り合いのひとからの依頼で断り難く引き受けてしまいました。

こんな風のモノを作って欲しい。注文主から簡単な手書きの図案に各部材ごとに寸法を書き込んでいる落書き風の図面をもらいました。

だいたいのイメージは掴めましたが細かい部分がイマイチでしたので、一応ネットで検索してみれば画像付きで直ぐに見つかりました。

本来は桧の白木で作らねばならない様子(かも)でした。
webで検索したらスプールス材で作ってあるのもありました。でも多くはヒノキが主体でした。

仏具や神具には決まり事として木の種類も考慮しなければならないものかも解りませんが・・・無知な私はこれ等の決まり事(?)を無視して作りました。

今回は手持ちのタモ材で作ってみました。15年前に丸太買いした材木の残りものですが、良く乾いていて上質なタモ材です。山の工房裏に積んであった4メートル以上の板材でした。

数年前までは、ひょいひょい抱えて工房内へ独りで運んだものでしたが、今頃の老いぼれ爺の腰痛症持ちの私には重すぎてちと無理でした。今回このためだけに安い電動マルノコをAmazonで購入しました。

このためだけだけれど、今後益々老いぼれ爺になって行くであろう小生にとってハンディタイプのマルノコは必需品となるであろうと思っての購入でした。

買ったら後から思ったのですが・・・コードレスの充電式にすりゃ良かったなあと後悔しました。

 無塗装で仕上げて納品の予定ですが、ひょっとすると白木に塗る塗料で一見塗ってないような風の塗料があります。昔一度使ったことがありました。その塗料の名前は忘れましたが確かに有りました。

見た目は無塗装に見えるが実際は防カビ、防腐、防虫効果があり、しっかり木
保護しているシロモノです。

web上に掲載されている八足台の画像には角材をぶつぶつ切ってそのまま組み立ててあるようないたってシンプルな飾り台ばかりでした。シンプル過ぎてちょっとがっかりです。

もっと複雑で装飾的に作りがいのあるモノだと想い込んでいただけに・・・・・。
でもでも、やはり神前へ御供えするものを乗せる台ならば・・・っと納得です。

web掲載画像から判断して、デザイン的にみてシンプルで作り易すそうなモノばかりなのに・・・にも関わらず3万円前後とそこそこ高い値を付けられていました。

通常の家具ならばデザイン的にみて、斜めに傾斜を付けたりして、もっと飾りつけしてみたりしますが、この八足台に関してはネットで見る限り角材をぶっきらぼうに繋ぎ合わせただけのシンプルなものばかりです。

さてさて・・・っと、価格をいくらにするか悩むところです。同じ寸法の八足台を三台の注文でした。作るのに丸2日間を要しました。

とにかく年内納品の約束でしたので、ギリギリセーフです。暮れも押し迫っていますが、今度の土曜日12月30日に納品予定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする