スプーン作りに欠かせないモーラナイフ162の収納ケースを作ってみました。

今回も簡易版です。作ってみました・・・と言うより良さげなものを見つけました・・・が正解です。

モーラナイフ162は刃先が湾曲していてスプーンの凹み部分を削るのにはもってこいの工具ですが、持ち歩くには刃先にカバーがないと超危険です。

身近な物でカバーに使えるシロモノはなかろうか・・・と家じゅうを探し回ってアナログ検索をやってみました。

最も良さげなものが見つかりました。

セロハンテープです。厳密にはテープでは無くてテープホルダーの曲がり形状がベスト候補でした。
其のままではナイフの柄の部分がつかえてキッチリ嵌まりませんでしたので、一部分を簡単にサンドペーパーで削ぎ落として加工。

御覧のように簡単に出来てしまうシロモノでしたが、
実際このケースは役にたっています。簡単な単純な作りですが、大変重宝しています。ナイフの持ち運び時に危なくなく便利です。

モーラナイフのサイズに対してセロハンテープホルダーのほうが、ややデカ気味ではありますが・・・よりベストなものが見つかるまでの一時的なものになるでしょう。

DIY的には革製で本格的に作るべきでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする