スプーン作りに威力?

久々の投稿です。
電動彫刻機を買いたいなあ~。無い物ねだりの私は早速ネットで情報収集中。

木に彫刻機の刃の部分を押しあてると自動的にスイッチが入り彫刻機が振動するので難なく刃が木に食い込んで、その結果削れてゆくらしい。

今頃は安直に柔らかい乾燥材ばかり選んでしまってます。
くるみ材、くり材、ウォールナット材、チャイニーズミンディ(センダン)材等々。

ネットで検索すると、スプーン作りにえらばれる木は、オーク、ヤマザクラ、メイプルなど硬い材でも問わなく作ってらっさいました。

電動彫刻機はリョービ製とブロクソン製のどちらかに決まりそう。

…ですが、重たそう。即買い癖の私がイマイチ躊躇しているのが、彫刻刀に比べて重たそうだから…。

ブロクソンがリョービより軽めなのでこっちかな~。ブロクソンのミニルータは持ってます。10年以上前に買ったものですが、未だに使えてます。木にネーミングする時に重たいですが重宝してます。

手に馴染む感じは電動彫刻機もミニルータと同じかなあ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする