Diy Wind chime/風鈴を作ってみました。

ステンレスパイプを数十本貰った。勤め先の木工所の大掃除のときに倉庫の奥の方から出てきたシロモノです。昔洋服箪笥用ハンガーに使っていたものらしいが、今はもう洋服箪笥の注文もなく在庫していても邪魔だから・・・と言う訳で処分品ということで私が頂戴することにしてました。

もらったは良いが何に使う予定もなく、直ぐに持って帰ってもどうしようかと思案の結果、一時的にNCマシンのテーブール下にスペースを確保しまして、そのうちに持って帰ろうと思いつつ半年以上もずーとずっと放置していました。それを先週ついに山の工房へ持ち帰りました。
・・・とは言うものの何に使おうかなと・・・・・考え中。
木工所の人からも、何に使うね?と言われましたが・・・・さぁ?

貰ったステンレスパイプの長さは洋服箪笥用に短く(40cm位に)カットしてあった。ただし、きっちり同じサイズではなく、大中小の三種類
思い付いたのが、WIND CHAIME(風鈴)です。大小様々な長さの金属パイプを吊るして風が吹いたらキンコンカンコン鳴るアレです。


以前アルミパイプで作った経験があったので、それを踏まえて作ってみました。アルミは軽いので音色が軽い感じですが、今回のステンレスパイプは重たいので深みのある音色が期待出来そうな気がします。

作り方はすっかり忘れてしまってます。まったく解りませんがとにかくYOUTUBEを参考に見よう見まねで作ってみました。
本当はパイプの形状で音階が違っていてある法則があるらしいのですが・・・。youtubeで詳しく(?)解説している動画も有りましたが、英語版でしたのでチンプンカンプンで良く解りません。
早速ホームセンターへ行きパイプカッターを手に入れました。以前はステンレスパイプなど金属類はグラインダーで切断するのが常でしたが、今回はパイプカッターを使ってみました。

今回はぶっつけ本番で作ってみました。
音色は好みの問題ですが、パイプの長さを適当にカットして吊るして叩いて響きを試してみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする