DIY木工 工房から国道までの道程を動画におさめました。

山奥の工房から有明海の海岸に走る国道207号線までの道のりを早送り動画に編集してYOUTUBEにアップロードしてみました。

撮れた動画を見ればお解かりのように、車のダッシュボードの部分が僅かに画面下にチラチラ見え隠れしています。そして車の左前にある三角窓のカーブも写りこんでいました。

DSC_0134

カメラ位置をずらして一番写り具合の良いカメラアングルを探そうと思います。ただ利点としましてはこの位置だと、車運転中にチラ見ができます。

運転しながら写り具合をチェックすることが出来ます。今頃は冬ですので車内の室温調整はしなくていいのですが、夏場はとうだろうか。

と言うのは、カメラの能書きにはメモリのSDカードが許す限り枚数制限なく撮れると書いて有りますが、カメラショップの店員の人の説明によれば実際は動画連続は30分未満までOKとのことでした。

カメラ本体が発熱と同時に強制終了してしまうらしいです。

ので車で移動の際は運転しながら終了していないか、時々チラ見しながらカメラの状態をチェックしなければなりません。

DSC_0131

木工作業中に撮影するときも作業に没頭しているとき、時間を忘れていてカメラを回していると思っているといつの間にか自動的に電源OFFになってたりしてしまいます。

ここは絶対撮れているハズのシーンが全然無かったりしてがっかりすることもしばしば有ります。

それから動画で撮って見てわかったことなんですが、車は路面の凹凸を拾ってガタガタ上下左右に揺れていたので、写り具合は手ブレが酷く写っているだろうなぁと心配していたんですが、速回し編集しているせいか景色の移り変わりが速くて、思っていたよりも綺麗に撮れていたので安心しました。

スマホで見るのに最適な写り具合で、この同じ動画をPCで全画面表示にして覗くと、やはりピンボケ状態になり見るに絶えない状態でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする