DIY 梅花盆の作り方をYouTubeへ再度アップロードしました。

梅花盆の作り方

前回の動画は前述のとおり即削除しましたが、後から思ったことは、あれはあれで悪い見本としてweb上に残して置くべきだったかもしれませんね。
今思い出してもへんてこ動画で可笑しかったです。

動画の中では1トンはあろうかと思われる重たいルーターマシンがゆらゆらゆらぎ、刃物軸が蛇頭のようにクネクネ曲がって動き回る。大地震がきたかの如くマシンは揺れているのに手元の加工品は安定してそこに在った。

今度は改編してアップロードです。しています。表紙のタイトルは同じですが、早送りでテケテケオジサン風なぎこちない動きですが、時間は短縮し内容説明文字も入れて見栄え良く成りました。

今回の動画もルーター加工主体な動画に成ってしまってます。
タグづけキーワードにはDIYの三文字を加えていますが、実際ルーターマシンを持たない方には作るのは無理かも。

ハンディールーターを使った簡易ルーターマシンなるものが有ったら・・・と思います。ココこそがDIYでしょうけど・・・本当は。

外国人のYouTubeを見るとトリマーを使った方法でルーターマシンさながらと言った自作のマシンが有りそうですが、未だ残念ながらそういう動画に出くわしていませんです。

動画以前の前準備は省略しています。パソコンのCADソフトで原寸大で梅花形を図解して、紙に印刷して置かなければなりません。

また、YouTubeへアップロードした動画は梅花盆の表面(おもてめん)加工のみで大事な裏(底)加工が残っています。

手順は・・・・
表面の済んだ加工材料を木枠から外し、盆の外周より外の部分は帯鋸で切り離し、次にルーターマシン加工と成ります。

梅花盆をひっくり返して、ルーターマシンのセンターピン径寸と刃物の径寸がきっちり合ったストレート刃を使用して盆の外周を切り離すこと。

外周は後々表面をベルトサンダーで研磨してしまうので木端の逆目部分も綺麗に仕上がります。

そして、研磨作業ですね。作品や商品の出来上がりの良し悪しは木地研磨がモノを言います。

・荒仕上げに番手#60~#150で研磨・・・形を整えます。

・次に#180~#240で中仕上げ研磨。

・次に#320~#400で最終仕上げ研磨。

通常はこの順番で研磨作業を行いますが、木の種類や木の箇所によっては、塗料の吸い込み具合が違ってまいりますので、サンドペーパーの番手を粗くした段階で木地研磨をやめて塗装へ進むときもあります。ケースバイケースです。

そして、最後はウレタン樹脂塗装かオイル仕上げで完成です。

関連記事2017/01/27

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする