私の過去における交通事故歴について書いてみたいと思います。いきなりカウンタック事件

[注意1秒怪我一生]
交通事故は嫌なもんですね。私の過去における交通事故歴について書いてみたいと思います。

ひとつひとつの事故に対して名前をつけて呼んでいるのは私だけでしょうか。まったくの気まぐれ勝手で茶化してます。です。そのほとんどは”ひとり相撲”ばかりで、人身事故などは一切(記憶に?)ございません。

1)いきなりカウンタック事件(カウンタックとは当時流行っていたスーパーカーのことです。ランボルギーニとか)

私の数ある独り相撲(交通事故)の中で最も印象に残っているひとつです。これはサラリーマン時代の出来事です。当時私は山梨県をテリトリーとして病院訪問の営業活動をしておりました。

通常の営業は単独行動ですが、たまに上司との同行で得意先まわりをしなければなりませんでした。

事故当日は睡眠不足の上に昼食の後満腹感で、ついうとうと居眠り運転をしてしまいました。通常昼食後は必ず仮眠してリフレッシュすることにしていたのですが、その時は上司と同行で仮眠なしでの強行軍でした。

ところが、助手席の上司と言えば・・・ちょっとオレ寝るから、しっかり運転しろよ!と言い残しシートを倒してぐうぐうイビキかいて寝てしまいました。

オレも眠むてぇ~よ!・・・ってなわけで、上司が寝て、私が寝て、車も寝ました・・・お疲れ様でした。
睡眠不足だったのは、上司に誘われて夜中じゅう呑み屋をハシゴして明け方近くまで付き合わされてました。

そんな時、事件は起こるべくして起こりました。居眠り運転の末、横転事故を起こしてしまいました。”横転”と書きますが横倒しではなく、仰向け状態になりました。

私は横転して身体が逆さ状態になるまで”爆睡”してましたので、ひっくり返るシーンを運良く(残念ながら)目撃してませんが、助手席に寝ていた上司は、左路肩に乗り上げたときの衝撃で目が覚めたとのこと。あれよあれよと言う間に車が逆さまに・・・スローモーションシーンみたいにゆっくりと逆さまに。

ただし、位置関係から想像すると爆睡していた私を中心軸として弧を描くように車が動き逆さまになりました。助手席に寝ていた上司は遠心力で地面に(車の天井ごと)叩きつけられムチウチ症になり、その後2年間リハビリ通いになり、私は上司に恨まれました。

上司:お前のせいで俺はこうなってしまった。こんちくしょ!

でもでも、その上司は事故ってから二ヶ月間くらい身体は何ともなく、ピンピンしていらっしゃいました。方々の得意先でも「俺はフジミだ。フジミだ。」と自慢して語っていたのでした。ムチウチの症状が出だしたのが三ヶ月目ぐらいからなんです。

ところで爆睡していた私は、ムチウチにもならず無傷でしたが、かと言って別に自慢することでも無いので黙って過ごしていました。

上司:お前のせいで俺はこうなった!

この記事タイトルの由来は、「営業車のライトバンが引っくり返り、リアドアの助手席窓側がペチャンコに潰れてしまいました。車の屋根が押し潰され、スーパーカーさながらの車のフォルムが出来上がりました。」ランボルギーニモドキです。
話しは長くなりましたので、次回へ続きますが、下記のような交通事故
の数々を面白可笑しく書き綴ってみました。1)2)3)4)5)6)7)8)9)・・・

しかし、「注意一秒怪我一生」・・・を肝に命じ忘れないようにしたいと思っております。

————————–^—————–^——————

1)いきなりカウンタック事件(ライトバンが一瞬にしてスーパーカー・ランボルギーニに大変身)

2)地球衝突の日(ちゃりんこ酔っぱらい運転。真っ暗闇に錆びた鎖が一本張ってあったとさっ!)

3)マツダファミリアバンが宙空を走った。次の瞬間カップヌードル自販機に激突。

4)世田谷通りで出会い頭にノルウェー人と接触事故。(全面的に私が悪かったけど、お巡りさんが君は良いからと言い残し外人さんを連行して行ってしまった。)

5)相手車のキズは何処?(目黒通りと環状8号線の交叉点付近で赤信号無視で走ってきた日産グロリアへオカマ掘っちゃった。)

6)新横浜駅付近の交叉点内でタクシーに追突事故。

7)首都高速1号線でエンジントラブルによる大渋滞を引き起こす。

8)第三京浜を運転中にアクセルワイヤー切断しアクセスが戻らない。
アクセル(足ペダルもどらず)スロット全開。回転数増加。ウォンウォン唸りながら高速走行。

9)車検から戻ってきた翌日リース車で山梨県へ日帰り出張。山梨県河口湖町付近通過運転中にクルマ故障。運転中にボンネットのエンジンルーム辺りからベルの音がします。クリスマスではなかろうに、リーンリーンとベルの音色なんです。走ればどんどんベルの音色は大きくなるはかりでした。ジングルベルジングルベル♪・・・ところでジングルベルってどんな意味ですか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする